外壁の破損やひび割れによる雨水の浸入は建物躯体の腐朽や、剥落事故にもつながります。

株式会社三和リフォーム横浜
株式会社三和リフォーム横浜

外壁リフォームサイン

一般的に、外壁の耐用年数は新築時から7年〜10年程度です。外壁を健全な状態に保つには、数年毎に外壁塗装を行わなければなりません。耐用年数を超えると、様々な悪影響を建物に与えてしまいます。サインを見逃さず、早めのお手入れをするようにしましょう。

コケやカビ

北側など日が当たらない場所はコケやカビが繁殖します。
外壁の美観は損なわれ、放っておくと汚れはますます取れにくくなります。

コケやカビ…

コケやカビ…

クラックやヒビ

外壁にクラック、ヒビが入っている状態で、内部に雨水が入ってしまいます。
毛細管現象で壁の内部に雨水が広がる危険があります。
外壁に現れるヒビの原因はズバリ地震などの振動です。
大きな国道沿いの家はトラックなどの大型車両による振動もあります。やはり、このヒビも雨水の浸入が発生します。

クラックやヒビ…

クラックやヒビ…

粉ふき(チョーキング)現象

『チョーキング現象』とは、太陽の紫外線によって塗料が分解され、粉状となって析出されたものです。本来の塗料の防水性能が失われ、外壁の劣化が促進されていきます。

粉ふき(チョーキング)現象…

粉ふき(チョーキング)現象…

このように塗装がはがれてしまうと塗料という保護膜がないため、太陽の紫外線や酸性雨などに直接、攻撃を受けてしまい、外壁の寿命を縮めています。外壁の下地がコンクリートの場合などは、酸性雨の影響により、本来アルカリ性のコンクリート成分が中和され、酸化するため劣化を促進させます。
この状態が進行すると、コンクリート内部の鉄筋が腐食され、腐食した鉄筋の膨張により表面のコンクリートが崩れ落ちてしまいます。これを「鉄筋爆裂」といい危険な状態です。
「爆裂欠損」とは
「爆裂欠損」とは内部の鉄筋が腐食して膨張した結果、鉄筋のふくらみに耐え切れずにコンクリートがひび割れ欠落することです。わかりやすく言いますと、台風の豪雨のときに山の斜面が、がけ崩れを起こすようなものです。コンクリートの内側の錆が原因で表面のコンクリートが落ちてくるのです。こうなってからでは、膨大な費用が掛かってしまいます。たとえ、わずかなヒビでも決してバカには出来ない重要なことなのです。

粉ふき(チョーキング)現象…

粉ふき(チョーキング)現象…

窯業系サイディングのひび割れ(凝集破壊)

窯業系サイディングのひび割れ(凝集破壊)。不良シーリング材の使用や混合不良によって生じる現象です。表層部が劣化したり、目地が膨れたりします。
シーリングとは?
外壁のパネルとパネルを繋いでいるゴム状の柔らかい物質です。後は、窓と壁の接合部分にも打ってあります。このシーリングの役割は地震の振動を吸収したり、雨水の浸入を防ぐ為の大事な役割を果たし、一般的に「コーキング」とも言われることもあります。このシーリングが劣化するという事は、雨水の浸入を許してしまうことなのです。
外壁の内側に雨水が入りますと、壁の内側は防水処理がしてないので壁の内部の木材などの腐食の原因になります。

窯業系サイディングのひび割れ(凝集破壊)…

窯業系サイディングのひび割れ(凝集破壊)…

一般的に外壁の寿命は7年〜10年と言われてます。ただし、7年〜10年で塗装をしなければ致命傷になる訳ではありません。正確に言いますと、7年〜10年で塗装をすることが、マイホームの寿命を延ばす最適な塗り替え期間と言うことなのです。上記の目に見えての現象をご自身で判断しないで、お気軽に弊社の診断士による無料診断をうけて安心を手にいれてください。
お電話でのお問合せ 0800-111-3083 メールでのお問合せはこちら

PageTop