直下型地震の突き上げとその後に来る横揺れと考えられます。DSGは柱のほぞ抜けを防止、上下の揺れを緩衝します

株式会社三和リフォーム横浜
株式会社三和リフォーム横浜

最新耐震リフォーム

DSGタイトル

『DSG倒壊防止システム』の開発企業(株式会社 ケアンズ・コーポレーション)

DSG倒壊防止システムとは?

平成7年に全世界を震撼させた阪神淡路大震災では、亡くなられたかたの8割が家屋の倒壊による圧死や窒息死であったといわれています。また、倒壊した家屋は在来工法による木造建築が多かったことも明らかになりました。その中、「我が家は全壊したのにお隣は無傷で残った」という例もありました。同じ木造住宅で築年数もほぼ同じなのに、工法・構造の違いによってこのような不公平がでてしまうのは、残念ながら現実です。
「我が家はどうなのか、対策は?」
 地震対策を真剣にお考えのあなたのために、今お住まいの家でもローコストで確実に耐震補強ができる画期的なシステム、それがDSGです。 地震による家屋倒壊要因は、直下型地震の突き上げとその後に来る横揺れと考えられ、建物へ前後左右の衝撃波が伝わることで起こります。そのことを研究し開発された究極の耐震システム、DSG。施工実績1100棟があなたの家族と家を守ります。
本体パーツ及び基礎パーツにより柱のほぞ抜けを防止、上下の揺れを緩衝する。 12.4KNの引き抜き耐力を持ちます。
DSG本体取付け後

DSG本体取付け後

DSG本体にカバー取付け後

DSG本体にカバー取付け後

DSG倒壊システムの特徴

★外付け工法で、住みながらの施工が可能。
★施工が簡単で、工期も1〜3日と短期間。
★施工費が安価。
(一棟30坪程度で60〜70万円施工費別)

耐震改修の手法
●壁の増強
●接合部補強
●開口部補強

改修工法のねらい
●強度補強
●地震力低減(直下型による免震)

改修工法の特徴
後付けタイプですので、工期は1〜3日 外付けタイプですので、住みながらの工事もできます。
倒壊した引き起こした家

倒壊を起こした家

倒壊を起こさなかった家

倒壊を起こさなかった家

DSG実験・実証

強度の実証データを得るため、鹿島建設の協力を得て、構造力学の権威者である早稲田大学工 学博士・田中禰春雄教授の立ち会いのもとに、各種の実験を行いました。同社の実験装置は、実際の地 震に近い3次元の揺れを再現できる、日本に数台しかないものでした。その結果 、震度7の地震にも耐 えられる強度を発揮することが実証され、田中教授から「DSGは、筋かいと同等以上の水平力への抵 抗力を持ち、かつ直下型地震による突き上げについても有効である、ということができる」という考察 をいただきました。翌平成11年、DSGは実用新案登録番号[3058888]で認可されました。
『DSG倒壊防止システム』の開発企業(株式会社 ケアンズ・コーポレーション)

DSG実用新案登録証/商標登録証拡大表示






実用新案登録証/商標登録証
株式会社ケアンズ・コーポレーション
まずは、無料の簡易診断で安心への第一歩!
弊社は、NPO法人 日本耐震防災事業団に所属しており、社内に耐震プランナー 木造住宅耐震診断士も2名おります。
まずは、無料点検から安心と今後の耐震計画をたてるきっかけにしてくださればと思っております。
毎日の不安より、現状把握でそれに対する対策を考えて安心を得ることからスタートし、皆様と日本を災害から守るという趣旨をご理解していただければと考えております。お気軽にご相談下さい。
お電話でのお問合せ 0800-111-3083 メールでのお問合せはこちら

PageTop