外壁のおすすめ目地材。地震等による動きに追従し、柔軟性のある、高耐久、高耐候(非黄変)、塗料非汚染のシーリングでメンテナンスしましょう。

株式会社三和リフォーム横浜
株式会社三和リフォーム横浜

オート化学工業 オートンサイディングシーラント

外壁の目地シーリングの目的
シーリングとは・・・建築分野では、外壁などの目地や亀裂、窪みなどを充填剤などでシーリング(封印)して、気密、水密を守ることをいいます。
 建物の外壁を見ますと壁をいくつかに分割した大きさに縦と横のラインがあります。このラインを一般的に目地と呼んでいます。目地は外壁ばかりでなく、こうした建物の屋上や内部の壁など広い目の壁や床には必ず設けられます。
 目地の最大の目的は、建物の変形によって出来るひび割れの防止と目地を事前に設けることで、不特定の位置にひび割れを起こさないよう、計画した位置に生じさせるよう誘発させる事です。
 シーリング材は建築物の構造上どうしても発生する隙間を埋めるために必要なものです。部材が温度や湿度の変化によって伸び縮みしたり、あるいは地震や風圧によってたわんだり、位置がずれたりする動きに追随し、気密性や防水性を確保しなくてはなりません。
 シーリングは永久的に機能するという物ではありません。寿命があります。環境にもよりますが、10年は節目です。修繕計画を立てて、改修を行う必要があります。放っておくと、劣化がさらに進むみ建物内部に水がしみ込み始めます。そこから建物本体の劣化が加速され建物の寿命を著しく損なう結果になります。 
オートンサイデングシーラント
 ●とにかく長持ち!ずっと柔らかく、追従性抜群

オートンサイディングシーラント 高耐久・高耐候(非黄変)

 ●抜群の耐久力

オートン

 ●安定の耐候力

オートンサイディングシーラント 高耐久・高耐候(非黄変)

 ●性能マトリックス

オートン

サイディング目地シーリング工事
新築の時の目地は上から塗装をせずに、シールそのものがむきだし状態です。従って、紫外線が直接あたる為、劣化が早くなります。7年〜8年ころ目処に点検、メンテナンスが必要になります。
 ひび割れや肉やせ、剥離現象が起きてきたら、雨水の侵入を防ぐためにも打ち替えが必要になってきます。
 サイディングのジョイントは目地変動に加え、ボードの伸縮にも対応が必要です。ネオウレタンポリマーを主成分としたオートンサイディングシーラントは、卓越した耐久・耐候性で、部材の伸縮に対応する適度な弾性と、目地の変色や汚染のない理想的なシーリング材です。
 目地の黄変がなく目地汚染を防ぎます。
世界初の非黄変タイプの1成分形ウレタンシーリング材で、変成シリコーン以上の高耐久・高耐候性があります。 可塑剤を使用せずに低モジュラスで優れた柔軟性を実現し、目地切れや凝集破壊を防ぎ、どんな仕上げ塗材を使っても目地の変色や軟化などの汚染の心配はありません。 耐水・耐熱・耐寒性にも優れ、長期間にわたり高性能を維持します。
▼既設のシーリングを撤去します。
▼ウレタン系のプライマーを塗り接着力をアップします。

既設のシーリングを撤去拡大表示

専用プライマーOP-2531 接着力アップ拡大表示

オート化学工業 オートンサイディングシーラント拡大表示

ネオウレタンポリマーを主成分としたオートンサイディングシーラント ココア拡大表示

外壁塗装 日本ペイント ピュアライド拡大表示

外壁:ピュアライド 屋根:エコグラーニカフェ拡大表示

▲屋根葺き替え工事 ディーズルーフィング エコグラーニ カフェ 30年保証、外壁サイディング ピュアライドUVプロテクトクリヤー、シーリングはオートンサイディングシーラントで長期に渡るメンテナンス不要の美しくて安心のお住まいになりました。
お電話でのお問合せ 0800-111-3083 メールでのお問合せはこちら

PageTop