防水工事はウレタン防水、塩ビシート防水、FRP防水、等建物にあった防水工事を選び管理していくことが大切です。

株式会社三和リフォーム横浜
株式会社三和リフォーム横浜

防水工事価格

目安価格表

▼防水工事(u単価)
カチオン調整(u) 900円〜1500円
トップコート(u) 2000円〜2800円
ウレタン防水(u) 3500円〜6500円
超速硬化ウレタンスプレーシステム(u) 5000円〜7000円
FRP防水(u) 4500円〜7000円
塩ビシート防水(u) 4000円〜7000円
アスファルト防水(u) 5500円〜8000円
※足場・付帯工事・諸経費等は含まれておりません。

■単価変動の主要な理由
[1]工法が変わると、単価が変動します。
  例:ウレタン防水→密着工法、通気緩衝工法
  例:塩ビシート防水→機械的固定工法、防水断熱接着工法

[2]同じ素材の塗料でも、各メーカーにより単価が変動します。
防水改修工事の必要性
建物の寿命は、漏水の対応によっては、その寿命が短くなったり、長くなったりします。
その鍵を握るのが「防水工事」です。漏水が進むと建物は大きなダメージを受けます。 天井や壁がひどく汚れていたりカビが生えたりしていませんか?

このような現象は建物にとっての危険信号です。「雨漏り」が原因になっていないか調べてみましょう。雨漏りは家具や家財に損害を与えるだけではなく、建物の構造に悪影響を及ぼす場合があります。ベランダやひさしといった場所での漏水であっても放置するのは大変危険です。

雨漏りを見つけたら早急な対策をとりましょう。
定期的な診断と早めの工事が建物の資産価値を守ります
雨・雪・風・日射を遮り、暑さ・寒さから私たちを守るのが「建物」です。

この建物のなかでもっとも自然の影響を受けるのが、屋上の「防水層」です。防水層は時間の経過とともに劣化していきます。人間と同じように、建物にも現状の的確な姿を捉える定期診断が不可欠です。早期に不具合を発見し素早く対処することは安全な居住空間の維持につながります。また、大切な資産を確実に守ることにもなるのです。
「防水性能」・「省エネ効果」が高い防水工法の選択
防水改修工事で大切に考えていただきたいのが「防水性能」と「断熱性能」です。

防水性能が高く耐候性に優れている材料を使用すれば、次回以降の防水改修工事の回数を減らすことが可能となり、建物の維持管理コストの削減につながります。

また、改修防水層とセットになった外断熱工法を採用することにより、省エネ効果が高まり光熱費の削減・内部結露予防といった効果が期待できます。

また、屋上スラブが受ける温度変化が少なくなりますので建物の保護効果が高まります。
タジマルーフィング ビュートップ防水 断熱+高反射防水
お電話でのお問合せ 0800-111-3083 メールでのお問合せはこちら

PageTop