横暖ルーフとは、ガルバリウム鋼板と断熱材・アルミ裏面材を一体成型した、耐震・耐久・断熱・遮音性能に優れた屋根材。

株式会社三和リフォーム横浜
株式会社三和リフォーム横浜
横暖ルーフシリーズとは・・・

ニチハ 横暖ルーフ

金属製断熱屋根材 横暖ルーフ

横暖ルーフは、金属鋼板(塗装高耐食ガルバリウムめっき鋼板)、断熱材(硬質ウレタンフォーム)、アルミラミネート裏面材を一体成型した、高機能『金属製断熱屋根材』です。
軽量で地震に強く、1年を通して優れた断熱性能を発揮し、高耐久によるロングメンテナンス化を実現。

横暖ルーフ=『超軽量』・『高断熱』・『高耐久』

横暖ルーフ(断面構造図)

横暖ルーフプレミアム(塗膜変褪色20年・遮熱鋼板)
 『フッ素樹脂塗装』+『鋼板厚みアップ0.4mm』+『遮熱鋼板』をプラス
 抜群の耐久性に加え機能性を強化した、横暖ルーフの最上位モデル
●色あせに強く美しさが長持ちします
■促進耐候性試験(試験サイクル数 ニチハ株式会社 測定)

横暖ルーフ プレミアム 色あせに強く美しさが長持ち

●分子結合力が紫外線より強い
■結合エネルギー比較

横暖ルーフプレミアム フッ素塗装ガルバリウム鋼板 結合エネルギー比較

横暖ルーフ プレミアム断面図拡大表示

横暖ルーフ プレミアムは、
変色・褪色20年保証
強い日差しや熱、雪、長雨などの過酷な自然状況にさらされる屋根。一般的に5年〜7年で表面の塗膜が劣化し塗り替える必要があるといわれています。
紫外線に強いフッ素塗装高耐食ガルバリウムめっき鋼板は、期待耐用年数は25年〜30年。20年間という長期の変色・耐食保証(メーカー保証)を実現しています。
横暖ルーフシリーズ 安心の製品保証

横暖ルーフシリーズ 製品保証

横暖ルーフ 施工事例(プレミアム 塗膜保証20年)
■横浜市戸塚区 屋根葺き替え工事(横暖ルーフ プレミアム 塗膜変褪色保証20年) 
 抜群の耐久性に加え機能性を強化した、横暖ルーフの最上位モデル
※施工費は他の横暖ルーフと変わらずに、塗膜変褪色保証が10年も伸びて20年になるという点で人気の屋根です。
 屋根各所のビフォー・アフターをご覧ください。写真にマウスを当てると写真の説明がでます。

ビフォー

アフター

施工前(上屋根:瓦、下屋根:瓦棒トタン)

横暖ループ プレミアム ブラック 塗膜変褪色20年保証

ビフォー

アフター

既設 瓦棒トタン拡大表示

横暖ルーフ プレミアム 壁水切り 雪止め 軒先唐草拡大表示

ビフォー

アフター

既設 瓦棒トタン

横暖ルーフ プレミアム 壁際・雪止め

ビフォー

アフター

既設 瓦けらば 上屋根拡大表示

横暖ルーフ プレミアム けらば包み

ビフォー

アフター

既設 下屋根 瓦棒トタン

横暖ルーフ プレミアム 棟・けらば包み拡大表示

ビフォー

アフター

既設 下屋根 瓦棒トタン

横暖ルーフ プレミアム 軒先唐草 壁水切り 拡大表示

雨樋 パナソニック シビルスケア拡大表示

横暖ルーフ プレミアム 壁水切り拡大表示

■鎌倉市 屋根葺き替え工事 和瓦⇒横暖ルーフプレミアム 耐震工事(屋根軽量化)
 下記の右下の詳細をクリックし、フルウィンドウでご覧下さい。
 合わせてBGM(音楽)もお楽しみください。
 
■横浜市神奈川区K様 カラーベスト⇒横暖ルーフハイブリッド
特殊アクリル・フッ素樹脂遮熱鋼鈑で
耐候性・耐酸性・耐キズつき性の高い特殊塗料を使用した遮熱鋼鈑です。亜鉛の犠牲防食作用とアルミの不動態保護作用を最大限に機能させるめっき層の組成で非常に優れた耐食性を発揮します。不動態保護作用とは、金属の表面に酸化被膜ができ、腐食や酸化から保護する状態のことです。

ビフォー

アフター

施工前 カラーベスト コケ・カビ拡大表示

施工後 横暖ルーフ ハイブリッド拡大表示

ビフォー

アフター

施工前 カラーベスト 谷拡大表示

施工後 横暖ルーフ ハイブリッド 谷拡大表示

ビフォー

アフター

施工前:カラーベスト拡大表示

施工後 横暖ルーフ ハイブリッド拡大表示

ビフォー

アフター

施工前:下屋根 カラーベスト拡大表示

施工後 横暖ルーフ ハイブリッド 壁際拡大表示

ビフォー

アフター

施工前 ベランダ 下屋根拡大表示

施工後 ベランダ 下屋根拡大表示

ビフォー

アフター

施工前:下屋根 カラーベスト拡大表示

施工後:下屋根 ハイブリッド拡大表示

※上記のカラーベストのように表面に防水能力がなくなると、屋根材が雨水を含みコケ・カビが繁殖します。ハイブリッド屋根は、ガルバリウム鋼鈑屋根で特殊アクリル・フッ素塗料なのでコケやカビの悩みは解消されます。

■横浜市N様 セキスイUカワラ+瓦棒トタン重ね葺き撤去⇒横暖ルーフハイブリッド
瓦棒トタンとセキスイUカワラの二重葺きという事例はよくありますが、屋根事体が非常に重くなり建物に負担がかかり、耐震上もよくありません。両方ともはがして、野地板、ルーフィング、屋根材ですっきりと断熱性、遮熱性、遮音性を兼ね備えた屋根になりました。横暖ルーフは断熱材一体成型です。

ビフォー

既設 積水 かわらU 

既設 積水 かわらU

既存 積水かわらU

既存 かわらUの下には更に瓦棒トタン

アフター

二重の屋根材を全部撤去して野地板貼り拡大表示

高品質改質ルーフィング+雪止め+ハイブリッド拡大表示

ケラバには、下地木材垂木30*40mm拡大表示

横暖ルーフ ハイブリッド 完成拡大表示

横暖ルーフ ハイブリッド拡大表示

横暖ルーフ ハイブリッド拡大表示

■大和市中央林間K様邸 屋根葺き替え工事(横暖ルーフ ハイブリッド) 
 断熱材一体成型の半フッ素遮熱鋼鈑の軽量屋根で耐震性能も抜群です。ギングロ色ということもあり瓦屋根からの変更でもあまり違和感はありません。地震・台風による自然災害により瓦が崩れた為、火災保険が適応し、保険より工事費がおりました施工例です。 日本瓦は、非常に重いので地震等で棟瓦から崩れ落ちる現象がよく見られます。瓦の1/10の重さで、建物の重心を低くすることが耐震性能アップすることに非常に有効とされています。

※屋根各所のビフォー・アフターをご覧ください。写真にマウスを当てると写真の説明がでます。

ビフォー

既存の瓦屋根 地震・台風自然災害のため崩れ拡大表示

瓦屋根 地震・台風自然災害の為瓦崩れ拡大表示

瓦屋根 地震・台風などの自然災害により瓦崩れ拡大表示

瓦屋根 地震・台風などの自然災害により鬼瓦落下拡大表示

アフター

チューオー 横暖ルーフ ハイブリッド ケラバ拡大表示

横暖ルーフ ハイブリッド 軒先 雪止め拡大表示

横暖ルーフ ハイブリッド 棟下地 樹脂製笠木 腐食・ソリなし拡大表示

横暖ルーフハイブリッド 棟包み板金拡大表示

ビフォー

アフター

カラーベストの台風の強風の吹き上げによる棟板金の浮き拡大表示

こちらは、棟板金だけを横暖ルーフきわみの棟板金に交換 拡大表示

●上の写真:カラーベストの自然災害、台風の強風による吹き上げにより棟板金が浮き上がっていました。そのままにしておくと隙間より雨水が侵入し、棟下地を腐食させる原因になります。こちらは、棟のみ施工例で下地は樹脂製の笠木にし(腐食はソリを防止)、横暖ルーフきわみのカルバリウムの棟板金を施工し、台風の被害を受けないように施工致しました。こちらも火災保険により現状復帰費用がおりました。(三和リフォームでは相談、現状調査、火災保険会社への提出書類の中の写真撮影・状況説明・お見積り等の必要書類提示は、無料でご協力させて頂いております。)お気軽にご連絡ください。
お電話でのお問合せ 0800-111-3083 メールでのお問合せはこちら

PageTop